2018年08月24日

Hobby オーナーズクラブ を立ち上げてみた


https://www.facebook.com/groups/748903212121048/

キャラバン(キャンピングトレーラー)のみならず、モーターホームの方、もしくは予備軍、OBの方も参加をお待ちしております
posted by wakky at 21:34| Comment(0) | 日記

2018年08月22日

車歴

●コルサ 3万キロ ←手放す直前 原付に後方よりぶつけられ第一当事者として処理される
●パジェロ 10万キロ ←手放す直前 停車中追突される
○ハイラックスサーフ 1万キロ
●ユーノスロードスター 3万キロ
●ロードスター 7万キロ ←購入直後 車間距離不保持 手放す直前 停車中追突される
●ユーノスロードスター
●ユーノスロードスター
◇ハイエース 3万キロ
○マークII 1万キロ
●レガシィ 10万キロ
●(アイオナ 3万キロ)←テールレンズ交換
●パサート 30万キロ ←板金
●(アドリア 2万キロ)
●ロードスター 6万キロ ←手放す直前 停車中にぶつけられる
○メルセデスCLK 1万キロ
○ヴィッツ 1万キロ
○ティーダ 3万キロ
●ゴルフワゴン 6万キロ
△ゴルフ 0.1万キロ
●ポロ 1万キロ
●デュアリス 4万キロ
●メルセデスSLK 1万キロ
○メルセデスCクーペ 0,5万キロ
●メルセデスEワゴン 10万キロ
●(ポルト6 4万キロ)
●メルセデスML 8.5万キロ
×プロボックス 0.1万キロ
◇ヴォクシー 0,5万キロ
△エスティマ 0,5万キロ
●(アビバ 0,5万キロ)←連結器破断により全損廃車。施工ミスの可能性が高い
○ヴェゼル 0,5万キロ
●(ホビー495UL 0.5万キロ)

●は所有した車
○は家族車
◇は社用車
△は代車
×はレンタカー
posted by wakky at 11:36| Comment(0) | 自己紹介

ハザードはありがとうボタンではない

ハザードはありがとうボタンではない。非常ボタンである。自分たちで勝手に非常ボタンに違う意味をアサインするだけでも善良なドライバーにとっては迷惑千万なのに、それを強要するというのはどういうことか。

ハザードは非常ボタンであって挨拶に使うのは危険すぎる。あなたと私との関係ならまだ推測できるが、そのハザードははるか遠くの車にも、1秒を争ってブレーキ踏みなさいハザード。軽々しく出されたら命にかかわる。

先にも書いたけど、ありがとうのつもりでハザードを使う人は、電車で乗り降りの際に整列乗車してもらったら非常ボタンのところにいって、それを押してありがとうとかいうんだろうか。しないよな。なんで、同じことが自動車だとまかりとおるわけ?

これに対して、ひどい文章を書いている雑誌があった。
https://bestcarweb.jp/feature/column/2821

問題の提起をしたまではよかったが、

>> ひとつ目は「ハザードランプ3回点灯まではサンキューハザード」という妥協案。運転免許の取得や更新の際なども含めて明文化してしまうという案だ。

これは、非常時に緊急ブレーキを3秒待てということである。簡単にいえば、3秒早くブレーキ踏んでれば生きて帰れたかもしれないけど3秒待って死ぬのが法の要請だ、と言っているのである。どうして日本の自動車メディアはこうも稚拙なのか。

警察や弁護士の見解は微妙なラインだが、少なくともJAFはサンキューハザードを推奨していない。
https://getnews.jp/archives/1084873

明確に禁止と書かれた条文はないが、ハザードは「非常時に使用する」とされている。非常時に使用するものを、非常時以外に使用したら、非常であるかどうかの判断がつかなくなる。

明確に禁止された条文はないが、道路交通法70条には、「他人に危害を及ぼさないような(中略)方法で運転しなければならない」という、立法上若干問題のある条文がある。非常時でもないのに非常ボタンを使用することは、果たして他人に危害を及ぼさないと言い切れるだろうか。

僕は実際カジュアルに出されたサンキューハザードでかなり怖い目にあったことがある。すくなくとも僕が裁判官なら、70条を法源として不適切な操作、という判決を下す。その位には十分危険性があると考える。

そもそもハザードにサンキューの意味はない。サンキューハザードは今すぐやめるべきだと僕は考える。
posted by wakky at 10:49| Comment(0) | 運転技術

2018年08月20日

本栖湖キャンプ場

本栖湖キャンプ場に出動。
posted by wakky at 19:31| Comment(0) | 出動記録

2018年08月04日

キッチンダストトラップ

http://www.njy.co.jp/hafele-dusttrap/dusttrap.htm

こちらの商品を使用したのですが、結論からいうといまいちでした。

要免サイズのトレーラーのギャレーは、これが必要なほど狭くないのと、
あと、使用後に洗わないといけないでしょ。そうすると水が余計に必要になる。



後者はたぶん、ビニール袋をかぶせておくことで解決すると思うのだが…


ということで、たぶん、我が家では夢多物になる予感。
posted by wakky at 20:55| Comment(0) | キャンプ用品

キャンピングトレーラーの積み荷

オフ会で、せーの、って見せ合いしたら、我が家がいちばん積み荷が少なかった。

キャンピングカーだから、登山ほど極限まで積み荷を減らせということはないだろうけど、でも、積み荷は少ない方がいい。

普段2人でトレを使う我が家では、食器は2人分しか載せていません。ゲストさんがくる場合、ゲストセットというRVボックスにゲスト用の寝具や食器をひとまとめにしておいて、それを牽引車に積むようにしており、食器も無駄な枚数は積まないようにしています。その食器、大半が軽量で強度のあるコレールを使用しています。ヨーロッパではおしゃれで軽量なものが簡単に手に入るそうなのですが、日本ではあまり見ないような気がしますね。コーヒーセットは載せたので、ティーセットは諦めました。カップは専用のものですが、コーヒーと紅茶と兼用。紅茶のときはティーバッグを使用します。

あと積んでいるのは布団くらいです。快適装備はオーディオとテレビDVDとひととおり積んでいますがどれも重量はさしたるものではありません。あと、USBアロマディフューザーですね。

カセットコンロは積んでます。プロパンすっからかんになったとき、最低限の調理はできるように。

細かいものを挙げると、レターセット、ボールペン、パソコンや携帯電話、カメラの充電器。あとトイレ掃除の道具。ゴミ袋、タオル数枚、歯ブラシなど。つめきり、ひげそり。ガスレベルスティックも1本積みました。

我が家はトレーラーを遠方の駐車場に停めていることもあり、通い箱というRVボックスを1つ用意しており、多少の重量物はここへ入れています。

衣替えもしています。夏用セットというRVボックス、冬用セットというRVボックスを用意して、夏場と冬場で積み荷をかえています。
posted by wakky at 20:31| Comment(0) | トレーラー

エメロード406か、アビバ492LUなのか

片や免許不要サイズだし、片や免許必要サイズ。比較にならないじゃん、と思うのですが、実際、値段はほぼ同一です。装備はだいぶ違いますし、サイズもだいぶ違う。

で、この2台。僕は条件さえ許すとしたら、アビバがおすすめです。とくに、子供が2人以上いる場合はアビバがいいと思います。というのは、アビバの装備はエメロードよりだいぶ貧弱ですが、装備はあとで追加できます。サイズはあとで追加できません。

この、条件というのは、免許ではありません。車庫と、牽引車の性能です。
免許なんかすぐ取りにいけるし、簡単に取れます。

この2台で迷って、エメロードがおすすめできる場合、というのは、以下のような場合だと思います。

1.車庫や、牽引車の能力の関係で要免サイズはどうしても無理。
2.視力の関係でどうしても免許を取ることが困難
3.行先が神出鬼没でかなり狭いところも含まれる
4.将来的なことも含めて、1人で使う
5.どうしても左エントランスでないと不自由
6.1台目のトレーラーで、なおかつどうしても運転が不安

ただ、3の条件にあてはまる場合は、トレーラーより自走式の方がいいと思うのです。
4の条件にあてはまるのであれば、何もポータブルトイレになる406でなく、エメロード330でもいい。
6.のような人は、比較的短期間に大きいのに買い替えているから、注意は必要だと思います。

この2台で迷って、間違いなくアビバがおすすめできる場合は、以下のような場合が考えられると思います

1.子供が2人以上いる場合。
2.子供のいない夫婦。
3.エメロード406の装備が過剰だと考えられる場合
4.トレーラーのトイレは頻繁に使う

1も、とくに子供が3人いるとしたらエメロード406ではなく、アンタレススタイル476を選んでおいた方がいい。
2の場合は、この場合はもうすこし奮発して多少上質なトレーラー。アドーラやアレグラ、ないしホビーを選ぶのがベターと思いますが、予算的に一気に100万円あがる。そういう意味でアビバを選ぶのはありだと思います。
我が家の場合3にもあてはまりますが、
4は、ポータブルトイレの406よりカセットトイレの376やアビバの方が後処理が簡便、と思います。
posted by wakky at 19:42| Comment(0) | トレーラー知識

炊飯土鍋はめっちゃおすすめだ

日本人としてはやっぱり、出先でもお米を食べたい。だけれども、炊飯器は敷居が高い。電源付きサイトでもなく、発電機も回せないとすると、巨大なインバーターを積んでたとしても炊飯器は現実的ではない。12Vで回る炊飯器も市井には存在するが、そもそも炊飯器で炊いたごはんよりも、ガスで炊いたごはんの方がずっとおいしいので、ガスで炊いてみるのがいいだろう。

世の中には、炊飯用の土鍋が売られている。ボタン1つというわけにはいかないが、10分水につけて、10分強火10分弱火5分蒸らし、みたいな感じで比較的簡単にお米が炊ける。その簡単さといえば、いかにしてトレーラーで炊飯器を使うか電源やインバーターを苦心するよりずっと簡単なのである。

2合炊きくらいの炊飯土鍋なら、3〜4千円もだせば買えるだろうから、騙されたと思って炊飯土鍋を試してみてほしいと思う
posted by wakky at 18:41| Comment(0) | キャンプ用品