2018年11月06日

焚き火ツールボックスを買ったので

いままで、RVBOX400というのを使っていた。これはこれで使い勝手がいいのだが、なたのこが斜めにしないと入らなかったりすることもあるし、順調に道具が増えてきてRVBOX400では入りきらない感じになってきたので、思い切って専用品を買ってみた。

_B060071.jpg

_B060072.jpg

テントマークのキングトング。限定の革張り仕様みたいだけど、雨でボロボロにしちゃうんだろうなぁ。

_B060073.jpg

竹筒。ほとんど、ほっておけば着火するから使う機会はないですねぇ

_B060074.jpg

着火剤。僕はこれで着火します。いまどき新聞紙なんか在庫がないし、小割のたきつけを必死になって作るのもアレだし、アマゾンの段ボールに廃食用油をしみこませたようなものが一番いいんだけど、そういうのを持ち歩くと嵩張る。たきつけ用の廃材みたいなのに着火剤でパッと火をつけて、あとは広葉樹に燃え移るようにする感じでやってます。

_B060075.jpg

手袋。火を使うときもそうなんだけど、薪を小割にするときに素手でやると指をなくしそうなので

_B060076.jpg

着火。まあ、普通に必要ですよね

_B060077.jpg

なたのこ。あんま、使わないけど、たまに使ってみたくなる。

_B060078.jpg

ガストーチ。最後の手段だけど、実際にはスモークウッドに火をつけたり、炭の火おこしに使ったりする感じで、たき火ではまず使わない。

_B110134.jpg

これもなー、買ってみたなー
posted by wakky at 22:07| Comment(0) | キャンプ用品