2018年11月09日

足出し用のドリル

我が家ではトレーラーの足出しに、ドリルを2本使いするという贅沢をしています。2人でドリル1本づつ使うと、ハンドルで回して1本足出すよりも短時間で足が出ます。もちろん、しまうときも同じです。

使用しているのは、こちら。

_B090130.jpg

ソケットの長さが違いますね。1本は延長ソケットで、1本はディープソケットです。フロント側は奥まったところなので、延長ソケットでないと回せません。リア側はすぐなのでディープソケットで回ります。要するに、1本はフロント側用、1本はリア側用、ということです。

僕ね、これで、快調に使えるだろうと思ったんですよ。だけど実際にはうまくいかなかった。リアの足を出す人はリアに回れば2本出せる。だけど、フロントの足を出す人は、左側へいって、連結外したら、フロント左
側の足をさげる。連結器はブレーキがあがってるしスタビライザーもひっかかるのでまたぎたくないからぐるっと回らないといけない。リア側をぐるっと回って右側へ行くんだけど、右側へ回り込む間にうしろの足は2本ともさがっているから、要するに4本目のフロント右側の足のところに先に到着するのは、フロント側の足をさげる人ではなくて、リア側の足をさげる人になります。だけど、ソケットが短いから、リア側の足をさげる人は右前の作業することができない。

いちばん効率がいいのは、運転手が前を回って連結器を切り離す間に助手が前を回って右側にまわりこむ。前の足を2人で出して、後ろの足を2人で出すのがいい。そのためには、2本とも延長ソケットでないといけない。
ということで、前置きが長くなったが、もう1本も延長ソケットに交換。

_B090131.jpg

強度的には9.5sqでも十分だと思うのですが、ソケットが6角のものしかみつからなかった。12.7sqのものだとソケットが12角なので、簡単に位置合わせができる。ということで、若干重いですが、12.7sqを選択しています。

_B090132.jpg

こんな感じで、無事両方とも延長ソケットにかわりました。費用約2500円。ディープソケットは600円だったんだけど、こんなならはじめから延長ソケットにしておけばよかったなー。
posted by wakky at 16:56| Comment(0) | トレーラー

焚き火のたきつけセット

毎日毎日あまぞーんから届く段ボール。毎日届くってアンタ…

まあ、毎日は冗談として、amazon.co.jpから届く段ボールをたきつけ化しようと思いまして、お買い上げしたのはこちら

_B090122.jpg

ああ…ぶれてますね。昔なら撮りなおすところですが、もう開封済なので撮りなおしません。
で、これを利用してたきつけセットを作ることにした。

ざくざくと快調に切れるけど、木っ端も出るのであとの掃除が必須です。フローリングの上で段ボール敷いて、そのうえでやるといいかも。

今までたきつけは広葉樹薪と同じサイズのコンテナを利用していたが、冷静に考えなくても、たきつけ用の針葉樹薪なんかそんなに大量に使うものではないのです。でっかいコンテナで持ち出して、ほとんど満タンの状態で戻すのは空間の無駄なので、ちっちゃいコンテナに移すことにして、ついでに段ボールをつっこみます。

_B090125.jpg

こんな感じで詰めます

_B090128.jpg

ランタン用やスモーカー用のコンテナとスタッキング可能です。

ちなみに、コンテナはできるだけ透明なやつを使ったほうがいいよ。あけなくても中身が見えるから。
不透明なものを使うようだったら、写真のように中身がすぐわかるようにマークをつけておくといい。
posted by wakky at 16:39| Comment(0) | キャンプ用品