2018年06月08日

トレーラーを検討中の方に


トレーラーを検討中の方に僕ごときが何か書いてみよ
うと思います。こちらは、もう「トレーラーにする」
と決まっている人向けの文章です。「トレーラーにし
ようか自走式にしようか迷っている」人向けの文章は
また暇なときにでも改めて書きたいと思います。

ちょっと長くなります。

まず、購入のタイミングについてですが、僕は一刻も
早く買うのが良い、と思っています。趣味のものだか
らローンを組みたくないというのは誰しもが抱く感情
ですが、お金が貯まるのを待っているうちに、トレを
所有する条件が整っている時期、もしかしたらそれも
最良の時期を逃してしまう可能性は十分にあります。
子供は成長を待ってくれませんし、リタイヤ後ならもっ
と夫婦両親が健在でつつがないなんて時間は永久に続
くものではないのです。払っていける見込みがあるな
ら、180回払いにしてでも今すぐ買うことを僕は強
くおすすめします。

新車か、中古車かについては、払えるなら僕は新車を
選ばれるとよいとおもいます。中古車を否定するわけ
ではないのですが、トレーラーの中古車相場は、どう
ひいき目に見ても割高だと感じています。ちょっと値
ごろ感があるなと思えるトレーラーはだいたい7,8
年落ちあるいはそれ以上落ちています。トレーラーに
はエンジンこそありませんが、ゴム部品は年式なりに
劣化しますし、ベアリング、連結装置の類、ブレーキ
類も消耗します。修理にはお金以外に時間も必要で、
限られた時間を修理に使うのかキャンプに使うのか考
えると、僕はあまり年式の落ちた中古車を手放しでお
すすめするのは難しいと思います。
ほんのちょっと余計にお金を出すと、前オーナーがト
イレ使ったかどうかなんか気にせずに、さらぴんの車
が手に入る。もちろん、現金で払うとそのほんのちょっ
とは大きい金額ですが、ローンの回数を伸ばせば支払
いはさほど大きく変わらないと思います。程度にもよ
りますが、保有している期間にわたって気持ちよく使
えるかどうかも違ってくると思うので、払えるなら、
新車が断然おすすめと思います。

サイズについてですが、僕は、目安として、子供が2
人いたら要免許サイズを検討してもいいと思います。
たぶん、免許要らないサイズですと、前にダブルベッ
ドのダイネットがあって、リアが小さいダイネットで
上がバンクベッド、あるいは固定の2段ベッドだと思
うのですが、子供はいつか大人になります。そのとき
に、バンクベッドで対応できるかどうか考えた方がい
いし、免許不要サイズだと必然的に夫婦は1つのベッ
ドで寝るようですが、普段別々にベッドで寝ている人
がダブルベッドで寝られるかどうか、というあたりも
考慮する必要があろうだろうと思います。
今は自分で使うトレーラーを、今度は子供が引き継ぐ
のか、子供が大きくなったら買い替えるのか、今度は
自分たちだけで使うのかというあたりまでは漠然と見
通しておいた方がいいように思います。
我が家は夫婦で要免許サイズです。要免許サイズを夫
婦2人でゆったりつかうのは優雅でいいと思います。
ダブルベッドにするのか、ツインベッドにするのか、
ライフスタイルに合わせて悩む楽しみのあるでしょう。
大きいトレはたいてい常設ベッドですが、寝具にシュ
ラフではなく布団を使うことが容易だったり都度ベッ
ドメイクをしなくて済む(ダイネットで酔っ払ったら
そのままベッドに倒れこめる)といったメリットもあ
ります。

けん引免許取るのは、それなりにお金はかかりますが、
難易度的にはさほど難しいものではありません。少な
くとも普通免許が取れた人で、普段ほぼ教習所で教え
られたとおりに運転していて、なおかつ適性検査が通
る人であれば、概ね規定時間+αくらいの範囲で合格
するものと思います。

5.5m×2.1m前後のトレと7m×2.3のトレでは、けん引
時の気の使い方も、行けるところも多少変わってきま
す。行先にもよりますが、頻繁に引っ張って動かすの
であれば、上限7mくらいの範囲で選ばれるのが良い
ような気がします。小さいトレには機動力があったり
牽引車の負担が少ないというメリットもあり、全部ト
レードオフなので、選ぶときはいろいろなファクター
を加味した上で慎重に選びたいところです。

免許不要サイズを早々に手放して要免許サイズへ行っ
ている(大型化をする)家庭もかなりあります。トレー
ラーのリセールの強さはありますが、できることなら
何度も買い替えたりせずに一発で希望通りのものにた
どりつきたいところです。

引っ張る車は、牽引車が重ければ重いほど、被牽引車
が軽ければ軽いほど楽です。軽いトレーラーを牽くに
もそれなりに重い車が、要免サイズのトレーラーを牽
くなら日本において見かける車の中ではかなり大きな
方の車が必要です。自分の車で牽けるか、あるいはど
の程度のサイズのトレーラーが牽けるかについては、
信頼できる専門店に1度相談してみることをおすすめ
します。

エントランスの別や、灯油ヒーターやソーラーをはじ
めとしたオプション装備については、書き始めるとき
りがないので個別で聞いてもらえれば、いろんな人の
意見が聞けるのではないかと思います。

日本のRV産業はどちらかというと黎明期に近いものが
あるように思います。販売店も玉石混交であることを
痛感していますので、しっかりしたお店を選ばれるこ
とをおすすめします。



posted by wakky at 18:40| Comment(0) | トレーラー知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: