2018年09月25日

アビー (インディアナ) アイオナの思い出

ひきつづきまして、1台目のトレーラーであります、アイオナの思い出を語ろうと思います。

はじめてトレーラーなるものを買ったのは社会人1年生の22歳のとき。ふつうの人は子供ができて、キャンプ趣味で、という条件でトレーラーを買うと思うのですが、我が家は子供どころか妻もいない独身でしたし、キャンプ趣味もありませんでした。
世間なんか知らなったから、バックとか、考えたこともなかった。いや、やり方は教えてもらったし、ふつうにミニカーで練習はしましたけどね。入る場所がないとかも全然考えなかった。まあ、スポーツカー転がすくらいなんで、運転には普通に自信があった。


当時wakkyはユーノスロードスターというオープンカーにはまっていたのです。ロードスターの羅針盤というわりとおっきなメーリングリストを主宰していた。
学生時代に1台買って(当時はおおらかだったというか、なんとこれが僕にとって3台目のクルマだった)、次の年、社会人になって2台目新車に買い替えた。

だけど、登山の人で、毎週のように車中泊するわけなのですよ。シートを倒すこともできないロードスターでは普通に寝られないし、ザックを積むことさえままならない。レガシィって車をセカンドカーに買ったのですが、やっぱり車中泊しんどい、ということで、当時はきわめて珍しかったトレーラーを買ったわけなんです。今は1万台くらい保有されているようですけど、当時トレーラーなんてものは…みたいな感じで。

インディアナさんが目の前だったんですね。だから、トレーラー知ってた。中古なら、に、さんじゅうまんも出せば買えると思ってた。だけど、車両本体が168万円だった。消費税があったかどうかは覚えてないし、あってもたぶん3%の時代だったと思う。


2ダイネットのポルト6の新車と、1ダイネットのアイオナの中古車がありまして、両方とも168万円。
アイオナは5m未満だったので、ふつうの区画の駐車場に入る。ポルト6は5m88センチだからふつうの区画の駐車場には入らない。アイオナを選びました。
このときの新車のポルト6の値段を知っているので、今の120万〜下手したら150万近い値段の中古ポルト6は手を出したくないし、まあ、普通におすすめできない。

で…

持ったはいいけど、ほとんど仕事で引っ張ってて、プライベートでは何度も引っ張らなかった。それでも、自宅駐車場におけたので所有できていたのですが、その敷地に賃貸マンション建てるから引っ越すとか言うわけですよ。そうなると、もうトレーラー置けない。駐車場借りないといけないわけなので、結局2年ほど所有して手放すことにした。仕事忙しすぎて、プライベートでは引っ張る時間なんか全然なかったしね…


1ダイネットだからめっちゃ売りにくいということもあったんだろうね。厳しい査定で60万円ほどだったとおもいます。連結器とか考えると総所有コストは150万くらいかな。引っ張った距離は3万キロ以上だったけど、1人で使ってたし、プライベートだと、うーん…1泊10万円〜20万円のあいだくらいかなぁ。どんな高級ホテルやねん。

ロードスターで牽けないか、という相談をしたことがあるのですが、やめたほうがいいと言われました。アイオナは680kgだったと思うのですが、まあ、今になれば、そのココロがわかるのです。


アビーのトレーラーを正規で入れていたところはないので、たぶん、日本にこのトレーラーはインディアナさんが入れて僕が所有していた1台しかないと思います。検索かけると、どうやらまだ現存していて、業者所有で売りにでているみたいです。
posted by wakky at 07:08| Comment(0) | トレーラー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: