2018年11月05日

ALBA390 アルバ390に思う

インディアナさんで、アルバ390を入れてきた。あそこはまあ、基本的にキャラベルエアのどのモデルも取れるだろうし、どのモデルも受注後に本国からやってくるだろうから、展示の有無の違いだけで、あんま、どれを入れたとかは関係ない感じだと思うんだけど、

さすがにインディアナさんへは今更いけないので、本国の360度ビューを見てみた。


見た感じでいうと、実質的にこのトレーラーは、1〜2人で使う分にはよさそうだけど、それ以上の人員で使うには向かなそうだと感じた。

みた感じ、質感的にはキャラベルエアは、アドリアより若干上にような気がします。

常設ベッドは、展開式のベッドに比べて寝心地もいいし、いちいち展開する煩わしさもなくて、ダイネットで酔っ払ったらそのままダイネットの片づけを翌日回しにして布団に倒れこむことができるメリットがあります。寝具もシュラフでなくて布団が使える。一方、昼間はデッドスペースになってしまうので、昼間はすごく狭い思いをします。このサイズのトレーラーで常設ベッドだと、昼間は半分近くがデッドスペースになって、ちんまりしたダイネットで過ごすことになるから、少なくとも広いと感じることはないと思います。
常設ダブルですと、最初の2人分の寝床と、それ以降の人の寝床の間に格差ができます。3人以上寝るとすると、ダイネットを片付けないといけないわけですから、このレイアウトですとメリットが非常に薄い。

見た感じ、ダイネットのサイズは3人分かなぁ、と思いました。このダイネットを4人で使うとすると、手前側はかなり行儀よく座らないといけないと思います。

あと、収納がかなり厳しいと思う。フロントの常設ベッドの上が扉がないでしょ。ここは走行中使えないと思うんで、ダイネットの上の扉と、ギャレーの上の戸棚くらいしか収納がない。ポルト6の経験でいって、免許不要サイズのギャレー上の棚だけでは食器鍋窯を全部収めるのは無理だから、ダイネット上も使うようだ。そうすると、小物が何にも入らない。大物はベッド下へ入れられると思うんだけど、ここは頻繁に取り出すものを入れるのは難しい。

ということで、アルバ390へ行くと幸せになれる人は、

単身または一緒に寝られる仲良し夫婦。起きているときもわりかしボディゾーンが狭い間柄である



と、思います。

まだ日本での値段は見てないけど、総合的にいって、210万くらいが妥当な値付けだと思います。日本持ってくると装備てんこもり値段てんこもりになっちゃうけど、すっぴんで輸入して、スタビライザーとFFヒーターとバッテリー、あとソーラーパネルくらいのOPで、総支払額が250万を少しでるくらいにおさまれば位が妥当と僕は感じました。

たぶん、実際にはこのクラスでも300万こえてくるんでしょうね…300万だすのなら、要免サイズのアドリア492LUあたりも検討してみてはいかがでしょうか、とは思いますけどね…
posted by wakky at 20:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: