2019年04月16日

今日買えるなら、今日買った方がいい

ノートルダム寺院の火災を見て、老後の楽しみが老後あるかどうかわからない、と言った人がいたけど、キャンピングトレーラーもまさにそれで、老後本当にキャンピングトレーラーを楽しめる状況かどうかは、老後になってみないとわからないと思う。

社会問題としては、道路関係の税金の値上げはありそうだし、年金の額の切り下げ支給年齢の繰り上げもありそうだ。社会全体が貧しい方向へ向かっているなかで、ある程度遠い将来、くるま旅を楽しめるのはより上位の階層に限られてくる可能性は十分考えられます。
個人問題としては、定年の繰り上げでリタイヤする年齢があがってくると、今度はいつまで運転できるのか、という問題や、あるいは本人の健康、配偶者や両親は健在なのか。要介護になったりしてはいないか。家をあけられるのか。もっと言っちゃうと、自分自身がちゃんと生存し続けているのか。生きてても透析とかの可能性も絶対に0ではない。個人の経済状況だって永遠に安泰で定年したときにポンと車が買えるという保証はない。年齢によってはローンも組みづらくなるし、老後になってけん引免許となるともっと困難を伴うだろう。

僕は、やりたいことは、老後の楽しみとかにとっておかないで、1日も早くやっておいた方がいいと思います。今が一番若くて、今がいちばん可能性がある。やらなかった後悔よりやった後悔とも言います。別に今このタイミングでキャンピングトレーラーを買ったからといって老後楽しんではいけないという決まりはないから、今楽しんで、老後もまた楽しめばいいと思うのです。

1度死にかけて、いろんなことを諦めた人間だから言うよ。明日、今日とまったく同じ日がくるとは限らない。今日できることは今日のうちにやっておいたほうがいい。
posted by wakky at 12:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: