2018年09月18日

標準ズームがやってきた - TAMRON SP24-70mmF2.8 VC USD G2

_P1A1199.jpg

最近、妻の写真がうまいのである。我が家のカメラはキヤノンのフルサイズで、妻はEOS6D(無印)+EF24-105F3.5-5.6STMを使用していた。ここ最近、とみに妻の写真がうまくなってきたので、一番使用頻度の高い標準ズームくらいはそろそろいいものを奢ってあげたい。だけど、登山だから重量にはシビア。ということで、僕の使っていたEF24-70F4L IS USMを妻におろした。
妻の誕生日がやってきて、去年はEF100mmF2.8マクロの新品を買ったのだが、今年は標準ズーム。

そこで、僕が何を使うかである。冷静に考えれば考えるほど僕にとっても理想はEF24-70F4L IS USMになる。だけど、妻と違うレンズを使って、とっかえひっかえする楽しみは残しておきたい。

ここは使ったことのないレンズとして、TAMRON SP24-70F2.8G2をチョイスしてみた。正直にいうと、G2ならEF24-105STMの下取りの優遇が1万円ちかくあって、買ったときの値段とさして違わない値段でとってくれるというのが大きかった。妻がTAMRON SP15-30F2.8の画質に感動した、というので、同じメーカーの同系統のレンズはやはり有力な選択肢になるのと、F2.8通しの標準ズームは使ったことがないので1度使ってやろうと思った。あと、望遠ズームの方もタムロンなので、デザインはともかく、ズームの回転方向が揃うというメリットもある。

SP24-70は、1世代前の無印のほうの中古を選べば、さらに2万円くらい安く買えたのだが、毎日のようにつかう標準ズーム。2万円は、どちらかといえば誤差のほうに入る金額だろう。光学系は同じながら、硝材やMPUを一新したので画質は若干違うという意見を信じて、G2の方へいってみた。無印は手にしていないが、当時の評判と値段を考えると間違いなくお買い得な1本だと思う。

_P1A1178.jpg

というわけで、試写へいってきた。まあ、筋目のとおったところへ行ければ行きたいが、なにしろ今月は駐車場代の100円も出したくないくらい切迫してお金がない。ないときはフラワーセンターだが、マクロではなく標準ズームを持ってフラワーセンターへ行っても仕方ない。撮れるものは限られるが、無料の駐車場があるところへおでかけして、何枚か撮ってきた。予想通り、たいしたものは撮れなかった。

_P1A1170.jpg

重量は純正F4ズームより350g近く重い。届く前は、まあ、誤差だろと思っていたが、やはり装着してみるとずっしりと重い。首にはかけておきたくない重さだ。

_P1A1166.jpg

ネイチャー派にとって、正直F2.8の明るさが必要になる場面は、ほとんどないといっていい。同じ画質のF4ズームの登場が待たれる。

_P1A1164.jpg

RAW現像時にけっこう弄んでいるが、まま、色のりもいいし、画質も十分だ。もう、これ以上の画質は、写真を撮りたい人ではなく、画質マニアに任せておけばいいと思う。写真って、画質じゃなくて、結局のところ、
「何をどう撮ったか」が重要だから、これ以上は機材を追い求めるよりは、1回でも多く撮影に出るための費用を確保したほうがいい。まあ、ずばり僕にブーメランなんだけど、非防滴で望遠側F5.6のレンズはさすがに辛かろうと思った。

_P1A1157.jpg

解放だとちょっと周辺減光が出るかも。現行EF24-70>TAMRON 24-70G2>TAMRON 24-70無印>旧EF24-70くらいじゃないかなあ。まあ、ネイチャー派は絞るんだけどね。

_P1A1158.jpg

個人の趣味とか、ジャンルによってはまた判断が変わってくるだろうが、この画質なら、下手な単焦点レンズは太刀打ちできないし、実際のところ、ネイチャー部門、山岳写真部門では、単焦点レンズがどうしても必要になる場面はほとんどないはずだ。ネイチャー部門の人で、並単とかを2,3本買おうと思っているなら、ここへ来たほうが画質あたりの単価は間違いなく安くつく。

_P1A1152.jpg

単玉とっかえひっかえするのも趣味のうちだけど、雨まじりのフィールドで、非防滴の並単を都度とっかえるのはかなり非効率だし、機材壊すリスクも格段にふえる。交換すれば手をすべらせておっことす可能性もあって、実際僕は20万円ちかいレンズを水没させて修理不能にしてしまった苦い経験があるから、不要なレンズ交換はしたくないと思っている。

_P1A1145.jpg

フィールドで使うと、水かぶりとかはさすがにないだろうけど、雪とか霧とかでけっこう機材が濡れることが多いから、防塵防滴でないレンズはとっても不安だと思うので、そういう意味でEF24-70F4L IS USMか、TAMRON SP24-70F2.8あたりが重要な候補になると思う。明るさの分だけ後者が高いが、総支払額で1万円しか差がなかったんだよね…
EF24-105のI型は逆光性能が論外だったし、今から手を出すには設計年次も古すぎ製造期間も長すぎる。II型は描写にかなり難があるとのことで非常に評判がよくないようだ。まあ、EF24-105F4L系には手を出さないのが無難だね。

_P1A1144.jpg

フェイスブック版 脱初心者を目指すカメラクラブ やってます。参加者伸び悩んでいるんで、ぜひ参加してもらえるといいなあ、と思います
https://www.facebook.com/groups/254994685354395/
posted by wakky at 15:15| Comment(0) | 写真

2018年07月27日

本文なし

_MG_5634.jpg
posted by wakky at 17:49| Comment(0) | 写真