2018年11月13日

ナイフ研ぎ


PB130011.jpg

というか、とりあえず包丁。めっちゃ研ぎますよーーー

先に買ったやつじゃなくて、登山用のスイスアーミーとオピネルを研いだのです。オピネルはすごく切れるようになった。スイスアーミーは、前よりはいいけどあんまり。
posted by wakky at 08:59| Comment(0) | キャンプ用品

2018年11月11日

カンベンチレーター

ガス缶の穴開け器

_B110140.jpg

…釘じゃないですか。しかも写真ぶれてるし。

ふつうに、これをペグハンマーで叩き込めばガス缶に穴があきます。専用の道具を眺めていたのですが、どうももったいない気がして、これで済ますことにした。
posted by wakky at 21:48| Comment(0) | キャンプ用品

ダッチオーブン

過日、妻が買ったのです。コールマンの10インチ。6703円でした。

今日、別銘柄ですが、在庫処分になっていたのがあって、同じ10インチで3980円だった。
さすがに悔しい。

ちなみに、ダッチオーブン買うならニトリがおすすめ。2490円。

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/KitchenGoodsTableware/CookingArticle/CookingArticlePan/8941929s?ptr=item
posted by wakky at 19:59| Comment(0) | キャンプ用品

2バーナー(1バーナーだけど) さらにその後

タフまるをあまぞんでポチしたのです。7980円+送料。

そしたら、店頭で売られているのを見つけた。価格は7980円。
まさかワ〇ルドワンが最安値だとは思わなかった。
送料分だけ失敗したなー。もう、仕方ないよな…
posted by wakky at 19:52| Comment(0) | キャンプ用品

ナイフ買ったんです

ナイフ。アウトドアの道具といえば、筆頭にあがるナイフですけど、どうもね、あんまり必要性を感じなかったんです。キャンピングトレーラーの場合、料理には包丁を使う。そうなると、細引き(要するに張り縄)を切るくらいしか用途が思い浮かばない。

どうですかねぇ。使うんですかねぇ。と思いつつ、比較的安価なものをみつけたので買いましたよ。

_B110133.jpg

なんか、この写真もピントが甘いな…やっぱ自分のカメラ使わないとダメだ。
というわけで、こちらのナイフをお買い上げ。BUCKみたいですが、ちょっと違いますね。市価6000円くらいのものらしいのですが、検品時に握りに傷がみつかったB級品を買います。どうせ実用品だからすぐ傷なんかつけるので実用上問題がない品ならいいのです。2980円。自分の分と、妻の分で2本買いました。

ナイフのタイプとして大別すると、折り畳みのできないシースナイフと、折り畳みのできるフォールディングナイフとがあるそうだ。写真のものはどう見てもフォールディングナイフだ。アウトドア用として、1本目におすすめなのは、汎用性の高い刃のカタチをした、あまり大きすぎず小さすぎないシースナイフなのだそうだ。そのココロは、可動部分がないため強度にすぐれ、砂埃が入り込む場所がないためメンテナンスも楽、とのこと。つばがあるものなら指を滑らせても刃に指がかからず使用時の安全性もあるらしい。フォールディングナイフは携帯性にすぐれ、持ち歩くとき安全性が高いという。というわけで、もう2本目のナイフとしてシースナイフが欲しくなってますよ。

ナイフの貸し借りは安全上の理由で基本的にしない方がいいとのこと。夫婦だから他人じゃないけど、ナイフをやりとりすることの危険性とか、あと、同じ種類のナイフでも切れ味とかが微妙に違ったりするとやっぱり別のナイフだから、夫婦なのでもったいないな、と思いつつ2本です。
posted by wakky at 19:49| Comment(0) | キャンプ用品

2018年11月10日

2バーナー その後

要らんかなーと思ったのですが、ダッチオーブンの本を見ると、ダッチオーブンを使うのにいちばんいい火は2バーナーで、たき火はダメと書かれていた。スペースを取るので2バーナーは買いたくない。トレーラーだし、レギュレーターストーブも使って、カセットコンロも積んでいるから、それのほかに2口も要らないし。2バーナーはオートでないキャンプだったら持ち運びたくない方の装備だから、使用できるシチュエーションも狭い。

で、カセットコンロでダッチオーブンはどうだろうと思っていろいろ調べたが、危ないという人と大丈夫という人と半々だった。まあ、こういうときは、危ない方に賭けておいた方が万全だ。


いろいろ検討した結果、イワタニの「タフまる」に落ち着いた感じ。

1)ダッチオーブンをかけられることが明記されている
2)値段が、SOTOの2バーナーの半額でケースもついている
3)室内でも使える
4)今使っているトレーラーのカセットコンロを置き換えればいいので荷物が増えない
5)どこでも手に入るイワタニのCB缶で駆動できる
6)口数が1つだから設置スペースも大きくなくていい
7)トレーラーで余るカセットコンロは自宅で使いたい

というわけで、これは色気はないが理想の火だ。

だけどね、探し回ったのですが、売ってる店がみつからないのです。やっぱりamazonなのかなー。
posted by wakky at 04:06| Comment(0) | キャンプ用品

2018年11月02日

2バーナー探し

なんと、wakkyは2バーナーを持っていない。今見て回っている。


ふつうにガスの2バーナーが良い。燃料を統一できるという意味ではSOTOのになるが、意外と高くて作りがイマイチ。コールマンなら半額だし、SOTO「よりは」作りがいい感じがする。

コールマンに傾きつつあるが、燃料がOD缶になっちゃう。OD缶はどこでも買えるというわけにはいかない。

そもそも2バーナー、本当に必要なのか。なきゃーないで全然平気なような気がするし…
posted by wakky at 08:36| Comment(0) | キャンプ用品

2018年10月22日

水用ポリタンクは抗菌397がよろしいかと

水タンクなんかどれも一緒、と思うでしょ。だけど、実際にはそうでもない。

給水→使用、のサイクルが、最長でも3〜4日くらいだったら、ふつうのポリタンでいいと思うんです。選ぶのは容量。満水の20Lのポリタンを、持ち上げたことがある人は多いと思うんだけど、女性だと持ちあがらない。男性でも片手でひょい、というわけにはいかないのです。かといって、10Lのタンクではやっぱり小さすぎていっぱい数を用意しないといけない。そこで、15Lのタンクがおすすめなのです。僕の理想に近かったのはサウスフィールド(アルペン扱い)の15Lタンクなのですが、若干高価なのと、あと不透明なので中身の容量がわかりづらい、空気抜きの穴がすぐ千切れる、といった欠点があるので、もろ手をあげておすすめはできない感じです。

給水→使用、が1週間くらいになる場合、抗菌のタンクがおすすめです。我が家では抗菌タンク397(マルニ製のようだ)を使っていますが、キャプテンスタッグでも扱っているようだ。

_P1A2196.jpg

マルニのものはホームページがみあたらない。アマゾンでも取り扱いがないようだ。
キャプテンスタッグ
https://www.amazon.co.jp/dp/B000BYULAY/

めったにないように思うけど、たとえばさ、土〜月の3連休で金曜夜出動、火曜日出勤。火曜日の早朝家に帰るとしてそこまで水使うとするよね。ふつう、木曜日中には給水する。だけど、木曜日が忙しくて水曜日に給水すると1週間。ふつうに抗菌でない水タンクだと生で飲むのは躊躇せざるを得ない期間です。この位の期間生で飲もうと思うと抗菌タンクが安心して使えると思います。余った水をもってかえって、次の出動が2,3週間後くらいだったら、持ち帰ってすぐに水を抜いて乾燥させる必要もない。水を抜いて乾燥させる必要がないということは、万一の災害のときに、そのタンクの中に水がいる可能性が高い。生で飲めなくても火を通せば飲めるだろうし、あれば中水としても使える。だもんで、抗菌タンクはおすすめなのです。残念ながら10Lと20Lしかないのですが、20Lを買って、15Lくらい給水した状態で持ち運ぶという手もありますし、頑張って20L持ち上げる手もあるでしょう。

あと、複数個のタンクを使う場合。たぶん、トレでP泊主体の人はタンクを2〜3個積むのは当たり前だと思うのですが、ものをそろえておくと、スタッキングができる(満水時はともかくとして、空のタンクはスタッキングするでしょ)ので、スタッキングできるタンクを選ばれるとよいとおもうのです。抗菌タンク397はそのあたりもクリアしているので僕は愛用しています。タンク自体は青色ですが、まま光を通すので中にどのくらい入っているか、持ち上げてみなくてもわかるのもいいと思います。



ちなみに、我が家では、トレのタンクに給水する用のタンクが20Lの抗菌タンク397です。トレの清水のラインを完全にきれいに保つのは困難だということを鑑みて、トレーラーの蛇口から出る水は洗い専用で、これを飲んだりはしていません。飲み水用の清水は20Lタンクと別のタンクを使用しております。

アズワン スクエアーボトル 5L 活栓付
https://www.amazon.co.jp/dp/B00UUMENE2/

これが、ホビーの上の棚にぴったりおさまるのです。3Lのものもいいのですが、3Lのものは縦に置いたまま栓をひねったときに倒れてしまう位幅が狭くて安定感がありません。で、3Lと5Lを両方買ったのですが、3Lはお役御免になってしまいました。トレーラーによっては3Lしか置けないトレもあるだろうけど、基本的には5Lがおすすめです。
posted by wakky at 19:44| Comment(0) | キャンプ用品