2018年11月24日

夜間、フォグつけている人はおそらく前を見ていない

フォグライトは手元を照らすライト。霧専用だし、それも、低速時のみ有効で、時速40キロも出せるのならフォグより前照灯(ヘッドライト)のほうがいい。手元が明るいということは手元に視線誘導される。まあ、冷静に考えてみればわかるが、おおむね時速20キロ以上で走行する場合まちがいなく有害である。それが、有害だと感じられないってことは、目の前しか見てないってこと。まあ、普通に近づくなってこった。

そういうのに限って、雨とか、どんより曇りとかでヘッドライトつけていると、ライトついてますよのつもりでピカピカさせてくるんだけど、あれね、取り締まり警告と混同するんでほんとやめてほしいです。ふつうにね、ヘッドライトってのは、日没から日の出まで路上にいるときには点灯しないといけないって法律で規定されているの。信号待ちでライト消すのは(日没から日の出の間においては)犯罪だし、まあ、普通に危険すぎて話にならない。それ以外にもさ、悪天時、センターラインのない離合困難な道路、林道、状況により体調とか周囲の交通状況、まわりの車の不注意具合、事故多発地点とかなんかで、昼間でもライトつけることはいっぱいある。ライトは無料の安全装置だから、点灯することによるデメリットはバッテリーも含めて何一つない。使わなければ普通に損でしょ。

この前、某弥彦山スカイライン走ってて、あそこはセンターラインがある。ライトつけてたんだけど、左ブラインドカーブで、カーブミラーに対向車が映ってた。嫌な予感がしたんで一時停止して待ってたら、目の前を1台の車が僕の車線走って、悠然と駆け抜けていった。曲方指向性とかいう言葉を知っているドライバーはほとんどいないんでタイヤ1本程度のはみだしはもう当たり前にあるものだと思ってかかっているけど、ブラインドカーブで右ベタで自転車もすれ違えるかあやしいくらいの右側通行されたら、ふつうの技量ならまあ事故は避けられまい。ってか、ライトつけてるんだから普通に気づけよ。
posted by wakky at 23:14| Comment(0) | 運転技術

駐車場で競走しないと気が済まない人ってなんなの?

高速道路のSAPAとか、あの、スーパーの駐車場とかもそうなんだけど、免許持ってない子供とかがさ、スマホ片手に歩いてたりするわけじゃないですか。よくあんなところでスピード出せるな、と思うよ。キャンプ場とかもそうだけど、タシーロとか場所取りもカオスで人の歩き方もカオスじゃないですか。そういうところで、ブローオフぷっしゃーとか言わせてかっとんでるジムニーとか、死ぬときはお前が死ねよ。

高速道路の事故の3割はSAPAで人ひっかける事故だと聞いている。世の中の99%くらいの車は駐車場で競走したくて仕方ない感じで走っているけど、死体を見たくなかったら、まあ、あんなとこでスピード出すなってこった。
posted by wakky at 22:47| Comment(0) | 運転技術

まあ、なんにしても

はじめまして、って挨拶している人に、挨拶もかえすことなく、その写真の行為はマナー違反だからといいがかりつけていきなりけんかふっかけるのは、SNSのマナー違反だと思う
posted by wakky at 22:30| Comment(0) | 日記

マナーってのは一筋縄ではいかないんだよ

結局、マナーってのは、周りがどう感じるかの問題でしょ。

いちおう、JRVAが指針を出しているけど、JRVAは法律ではないし、指針はマナーではない。JRVAというどこの馬の骨ともわからん任意団体が「これがマナーだ」と定めたからマナーだと言い張るとしたらとんでもないお門違いだし、そもそも、僕あれに疑問持ってる。まあ、さすがに盗電しようと思わないし、ほかの項目もおおすじで支持できるといえばできるけど、JRVAの指針に反する行為が即現実世界においてマナー違反かといわれると、僕はちょっとねと思う。この際だからはっきり言っちゃうけど、僕はJRVAの指針に反することをやることはあるし、それが直にマナー違反だとは思ってない。

よく問題にされるのが公共の駐車場で椅子テーブル出す行為で、JRVAはマナー違反として指針を出している。まあ、僕らはキャンピングトレーラーだから普通にやらないけど、それを見てどう思うかというのは難しいところだ。一般的な道の駅みたいなとこ。要するに頻繁に出入りがあるところとか、混雑いている状況、あと利用価値の高いというか、たとえばトイレや施設に近めな区画でやれば普通にマナー違反だろう。あるいは、オーニング出してBBQはじめちゃうのは、まあ誰がみてもマナー違反だ。だけどさ、人通りもまばらな駐車場のすみっこでちっこい椅子テーブルを出すくらいまで目くじらたてるのは、それはどっちかというと妬みですよ。写真1枚見てそれがマナー違反かどうかなんか言い当てるのは不可能だ。僕、イエティ行ったのね。ゲートの左の、いちばん出入りの激しい、みんなが一番使いたいと思う区画で椅子テーブル広げてくつろいでいるキャンカーがいて、それはやっぱりマナー違反と思ったけど、右奥の、エントランスからめっちゃ遠い車もまばらなスペースでやってる普通車組は、それはほほえましいというか、容認してもいいんじゃないかと思った。

世の中には、キャンピングカーの存在自体がマナー違反だと言い張ってやまない人もいて、そういう人につきあってたら疲弊しちゃう。だけど、どっかで閾値を設けないと、あらゆることがマナー違反ではないと強弁することになっちゃう。その閾値って、「普通の人がマナー違反と感じるかどうか」であって、JRVAが定めたから、とか、そういうことではないと思うんだよね。
かと思うと、JRVAは「道の駅での発電機の使用は配慮を」と書いているのに対し、僕がね、国道沿いの道の駅で、エンジンかけっぱなしの大型車に挟まれた状態で、なおかつ日のあるうちに、周囲に民家がないことを確認して、生命の維持に必要と思われる範囲で発電機回したのを、「同じトレーラー乗りとして残念です」と書いてきた人もいた。なんだよ。JRVAは「配慮を」と書いていて禁止とは書いてない。僕は僕なりに十分配慮したつもりだから、JRVAの指針にさえ抵触しないが、抵触しないものまで文章読んだだけでマナー違反かよ。それで、発電機よりもはるかに大きい音を出している大型車については仕事なんだから容認しろとか、もうわけからんですよ。

マナーって、正と誤からなりたっている単純なものではないんですよ。田代運動公園 とかでもさ、BBQとか屋外ランチしている脇を、砂埃あげて駆け抜けていく車とかいるわけじゃないですか。あれは僕にしてみれば立派なマナー違反だと思うのだが、JRVA信奉者にしてみれば、JRVAが定めてないからマナー違反じゃないとでも言うのだろうか。もしくは、がらあきのフリーサイトでね、朝起きたら僕のたきび台から5センチくらいのところにロープが張ってあって場所取りされてた。そりゃ、フリーサイトだからどこからどこまで、ってルールはないよ。だけど、たきび台ってのは椅子で囲むものだし、火の粉がとんでタープに穴あける可能性がある。たきび台がおいてあるってことは、そこでたき火台に火を入れる予定として見ていい。ふつうに、たき火台から2〜3mはあけて場所取りするのがマナーだと思う。めいっぱい人で埋め尽くされているのなら仕方ないかもしれないが、周囲はがらあき。だけど、これは正でこれは誤、という考え方だと、こういったケースがマナー違反かどうかは判断できない、ということになる。朝3時まで人のトレーラーの隣で大声でしゃべり続けるのはどうだろう。田代はキャンプ場ではなく河原だから、言っちゃえばあんなとこでキャンプしている方が悪い。だけれども、現実問題として、田代は社会通念上ふつうにキャンプ場と同等に使用されているわけだから、一般的なキャンプ場と同じように、まあ、遅くとも夜9時ないし10時くらいには、いちおう静かにするのはマナーというかふつうの配慮だろう。違法に薪売りにくる車からは薪買わないのもマナーっちゃあマナーだ。たきつけ用にそのへんの草を鎌というか鉈で刈ってしまうのもさ、田代は国有であって、使用者が生えてる草を勝手に刈ってしまうのはどうかと思ったよ。ほとんど利用者のいないとこならいいけど、あれを大勢の人がやったら、植生に影響が出るくらいすぐのことだ。冷たいようだけど、田代クラスの利用者数の場所で、たきぎを拾ってきて薪にしちゃうのもどうかと思うんだよね。

まあ、マナーってのは一筋縄にはいかない。これは〇でこれは×と明白に定義できるものは、マナーではなくてルールである。その場その場で状況を判断しながら適用していくのがマナーというもので、その判断基準は、「多くの人にとって不快かどうか」という、これもものすごく曖昧なものであると思う。盗電は普通に犯罪であって100人中100人が不快に感じるはずだが、それ以外については、すごく難しい。写真1枚見てこれは〇だとか×だとか、判断してはいけないのではないだろうか。
posted by wakky at 22:08| Comment(0) | 日記