2018年11月26日

包丁研ぎ 再

自宅用です。どうも、この前研いだばかりの包丁で段ボールを切ってくれた人がいるようでして…
まぁ、自分のナイフ研ぐ練習だと思うことにする。

うちは自宅で使っているものよりトレーラーで使っているものの方がおしなべて品質の高いものですが、包丁は自宅も含めてノーブランドのやっすいやつだな。トレーラー用の包丁、ちゃんとしたやつが欲しいなぁ。
posted by wakky at 09:53| Comment(0) | 日記

2018年11月25日

ヨーロピアンか、アメリカンか

要免サイズのトレーラーには、おおざっぱにわけて、ヨーロピアンタイプのトレーラーと、アメリカンタイプのトレーラーがあります。(免許不要サイズはほとんどヨーロピアンですが、稀にアメリカンの場合もあります)

我が家のHobby 495ULはヨーロピアンタイプですが、アメリカンという選択はなかったのか、という話をしようと思います。

まず第一に、ヒッチ荷重が、ヨーロピアンとアメリカンでは全然違いまして、アメリカンタイプのものは通常フレーム式のボディでないと支えられません。モノコックではちょいとしんどい。我が家のMLはモノコックなので、アメリカントレーラーを牽くのはうーんって感じなのです。

重量も、やっぱり大トレになるとヨーロピアンよりアメリカンの方がずっと重くなります。

あと、幅ですね。アメリカンはおしなべて幅広です。日本の道路を運転する場合、長さより幅で気を使います。2.3は限界だし、これ以上幅の広いのを、少なくとも湘南エリアでは運転したくない。

トイレのダンプの方法が、ヨーロピアンとアメリカンでは異なっています。ヨーロピアンはカセット式なのでカセットごと自宅へ持ち帰ることが可能です。アメリカンの場合固定式のタンクだから、マンホールの上にトレーラーを持ってって、そこでジャーってする。だけど、契約駐車場だから、そんなに都合よくマンホールなんかないのです。

アメリカントレは窓が一重なので結露しやすい。ヨーロピアントレはアクリルの二重窓になっています。

代表的なアメリカントレ(Jayco)よりは、Hobbyの方がおしゃれだと感じた

あと、日本にある情報の量が、やっぱりヨーロピアントレの方がアメリカントレよりずっと多い。


ということでヨーロピアントレを選びました。この文章だけ見るとヨーロピアンの方がいいんじゃねーか?と思われるかもしれませんが、そうじゃなくてヨーロピアンとアメリカンは一長一短の関係です。

ヨーロピアンの最大の欠点は、華奢だということ。給水したまま走れませんし、本気で居住しようというほどの耐久性を要求するならアメリカンの方がいいかもしれない。アメリカンの方が雰囲気的に好きって人もいるでしょう。ほかにもあるけど、そのへんの話はアメリカンの人にも聞かないと不公平だと思うので、アメリカントレーラーに乗っている人にも意見を聞いてみてくださいませ。

posted by wakky at 19:15| Comment(0) | 日記

今日は一時停止完全無視して鼻先をかすめて入ってきたバイクをやり過ごしたのだが



この場所はけっこう一時停止完全無視で入ってくる人がいる。ふつうに減速準備していたし、停止線越えるそぶりを見せた時点でブレーキ踏んでいる。まあ、こういう人は死ぬまで繰り返すんだろう。本線上の不注意な人と接触して死んどけば一時停止の大切さが理解できて良いのではないかと思いますが、それはいったいいつになることでしょうかね。

停止線で止まらず、交差点ぎりぎりで止まる人。たまに止まらん人もいるがそれは論外としても、まあ、控えめに見積もって99%くらいですかね。運転は無理だからやめたほうがいい。優先側走ってて、非優先側が停止線で止まらないそぶりを見せた時点でブレーキを踏まざるをえない。直前で止まるところが出合頭になる可能性があったら、下手したら優先側本線上で一時停止しないといけね。だってさ、僕、非優先側から一時停止完全無視で目の前に出てきた車、どれだけ見てると思ってるの。ぜんぶ避けてるんだよ。ぜんぶぶつかってたら今頃命ないよ。けっこうふつうに停止線なんか知らん顔で減速もせずに出てくるんだよ。出てくるのと同じ動きをした車は避けるのが普通だろ。直前で止まられたって、もう停止線こえようとした時点で止まる前に何らかのアクションを起こしてないとぶつかるんだよ。まあ、本当になんにもしないでぶつかっちゃう人も中にはいるだろうけど、車も痛いし自分も痛いから僕は避けるよ。

だもんで、一時停止は停止線で止まれ。それができないんなら免許返せ。


昔、箱根の1号線の、SM.SHIBAの前の信号。あそこ、赤点滅で、停止線が少し手前に引かれている。当たり前だけど、停止線直前で止まった。そしたら、後ろからぶつけられそうになったことがる。
はあ?世の中の人間が100%、停止線で止まらない犯罪者だとは限らないんだよ。
posted by wakky at 12:53| Comment(0) | 運転技術

2018年11月24日

夜間、フォグつけている人はおそらく前を見ていない

フォグライトは手元を照らすライト。霧専用だし、それも、低速時のみ有効で、時速40キロも出せるのならフォグより前照灯(ヘッドライト)のほうがいい。手元が明るいということは手元に視線誘導される。まあ、冷静に考えてみればわかるが、おおむね時速20キロ以上で走行する場合まちがいなく有害である。それが、有害だと感じられないってことは、目の前しか見てないってこと。まあ、普通に近づくなってこった。

そういうのに限って、雨とか、どんより曇りとかでヘッドライトつけていると、ライトついてますよのつもりでピカピカさせてくるんだけど、あれね、取り締まり警告と混同するんでほんとやめてほしいです。ふつうにね、ヘッドライトってのは、日没から日の出まで路上にいるときには点灯しないといけないって法律で規定されているの。信号待ちでライト消すのは(日没から日の出の間においては)犯罪だし、まあ、普通に危険すぎて話にならない。それ以外にもさ、悪天時、センターラインのない離合困難な道路、林道、状況により体調とか周囲の交通状況、まわりの車の不注意具合、事故多発地点とかなんかで、昼間でもライトつけることはいっぱいある。ライトは無料の安全装置だから、点灯することによるデメリットはバッテリーも含めて何一つない。使わなければ普通に損でしょ。

この前、某弥彦山スカイライン走ってて、あそこはセンターラインがある。ライトつけてたんだけど、左ブラインドカーブで、カーブミラーに対向車が映ってた。嫌な予感がしたんで一時停止して待ってたら、目の前を1台の車が僕の車線走って、悠然と駆け抜けていった。曲方指向性とかいう言葉を知っているドライバーはほとんどいないんでタイヤ1本程度のはみだしはもう当たり前にあるものだと思ってかかっているけど、ブラインドカーブで右ベタで自転車もすれ違えるかあやしいくらいの右側通行されたら、ふつうの技量ならまあ事故は避けられまい。ってか、ライトつけてるんだから普通に気づけよ。
posted by wakky at 23:14| Comment(0) | 運転技術

駐車場で競走しないと気が済まない人ってなんなの?

高速道路のSAPAとか、あの、スーパーの駐車場とかもそうなんだけど、免許持ってない子供とかがさ、スマホ片手に歩いてたりするわけじゃないですか。よくあんなところでスピード出せるな、と思うよ。キャンプ場とかもそうだけど、タシーロとか場所取りもカオスで人の歩き方もカオスじゃないですか。そういうところで、ブローオフぷっしゃーとか言わせてかっとんでるジムニーとか、死ぬときはお前が死ねよ。

高速道路の事故の3割はSAPAで人ひっかける事故だと聞いている。世の中の99%くらいの車は駐車場で競走したくて仕方ない感じで走っているけど、死体を見たくなかったら、まあ、あんなとこでスピード出すなってこった。
posted by wakky at 22:47| Comment(0) | 運転技術